FANZA5周年記念セール中!

【再販】【AIエロ小説】『エロVRに夢中な彼女を、こっそり観察☆』のスマホ実写版(オナニー,スクール水着) pcolle PPV 227553659bc3a15c350

pcolle-PPV-227553659bc3a15c350pcolle-PPV-227553659bc3a15c350_PLAYER

ダウンロード

【再販】【AIエロ小説】『エロVRに夢中な彼女を、こっそり観察☆』のスマホ実写版(オナニー,スクール水着)

ダウンロード:2309VRon02.mp4 (528.52MB)

その日、私が彼女の家に到着したとき、いつもと異なる雰囲気が漂っていた。夏の暑さが残る午後、彼女との約束通りに遊びに来たはずなのに、家は静寂に包まれ、彼女の姿はどこにもなかった。ドアをノックしても返事がない。不安に駆られながら、彼女のお母さんに声をかけて家の中に入れてもらった。家の中は静まり返っていて、彼女の部屋に近づく足音だけが、不安を募らせた。

部屋のドアをそっと開けると、そこには想像もしていなかった光景が広がっていた。彼女はベッドに横たわり、スクール水着姿でVRゴーグルを装着していた。その姿は、静かなる眠りに落ちたかのように穏やかで、しかしどこか遠くへと心を奪われているようだった。彼女の指先が時折微かに動くのを見て、私は息をのんだ。彼女は何を見ているのだろう? そのVRの中にはどんな世界が広がっているのだろう?

彼女の目と耳はVRにふさがれ、気づく様子もない。私はベッドの横に立ち、その神秘的な光景に、私はただただ見入ってしまった。VRゴーグルの向こうで展開する、知らない世界に彼女がどれほど夢中になっているのか、その理由を知りたいという好奇心が私を支配していた。水着姿でベッドに横たわる彼女の表情は、時折、微笑んでいるかのように見え、VRの中の世界に完全に心を奪われている様子だった。私の好奇心は増すばかりで、そのVRゴーグルの中に広がる、彼女だけの秘密の世界を垣間見たいという衝動に駆られた。

私は、後で驚かせてやろうと、そんな彼女の様子をスマホで撮影し始めた、しばらくドキドキしながら彼女の様子を観察していると彼女の右手が胸に、左手が股間に添えられ始めた。そして、ゆっくりと右手が胸を揉み始め、左手の指先が水着越しに股間に触れると、彼女は甘い吐息を漏らし始めた。その様子はどこか官能的で、普段の彼女からは想像もできないほどの妖しさを秘めていた。私は、彼女が見る秘密の世界の正体に確信を抱いた。きっとこのVRゴーグルの向こうに広がっているのはエッチなビデオだと確信して興奮し始めたのだ。

その後も彼女の指は少しずつ大胆になり、私の目と耳は、彼女の秘密の世界を覗き見し続けた。水着の上から、乳首やクリトリスを愛撫する彼女の指の動きがだんだん早くなっていく。そんな光景に、私は目が離せなくなってしまった。まるで彼女自身がその快楽に溺れていくようにも見え、私は自身の手でも同じように同じ場所に触れてみて、彼女が感じていたであろう快感を想像しようとした。彼女の右手の指が次第に激しく動き出すと、水着越しに浮き出る胸の形が変わっていく。そして、我慢できなくなったのか、スクール水着の肩紐をずらし、そのまま上半身裸の状態になってしまった。私の胸がどきどきと鼓動を打つように、彼女の呼吸もだんだん激しくなっていく。私は、彼女の吐息の音が聞こえるほど、その世界に没入していた。

上半身裸の彼女の指が、直に胸の先にある乳首を弄り始めると、彼女は声にならない声をあげながら快感に身をゆだねていた。指先ではじいたりつまんだりしているうちに乳首が少しずつ勃起していく様子がとても官能的で、私はその姿を見ているうちに自分の乳首が勃起していることに気づいた。私も彼女とVRの中にいるかのような錯覚に陥り、まるで私も彼女に愛撫されているかのように感じていた。彼女の指が股間に滑り込むと、今度は水着の上からクリトリスに触れたり、円を描くように刺激したりしながら快楽に溺れていった。彼女の口から漏れる声はどんどん激しくなり、そして指の動きが一層激しくなっていくのに合わせてベッドのきしむ音が大きくなっていった。

彼女はVRゴーグルの中で絶頂を迎えたのか、荒い息遣いで余韻に浸っていた。私は、彼女の秘密の世界がどんなものかを知ってしまった。そして、私自身も彼女と同じ秘密の世界に足を踏み入れたような錯覚に陥りながら、いつしか勃起した乳首やクリトリスに触れたいという衝動に駆られていた。そして、彼女の乳首とクリトリスが弄られている姿を見ているだけで、私の下腹はきゅんとしてしまっていた。私は自身の身体に触れる前に、彼女にもっと気持ちよくなってほしいという衝動に駆られ、スマホのシャッター音を鳴らした。すると彼女はVRゴーグルをはずし、目を見開いて、こちらを振り返った。

「もう! 勝手に撮らないでよ」
「でもさ、すごくエッチな顔してたよ」
「だって……だって……私……」
彼女は恥ずかしそうにしながらも、快楽に身を委ねている表情を撮影されてしまい照れていた。
「もしかして、エッチなビデオ観てたの?」
と私が聞くと、彼女は静かにうなずいた。
「ほら、自分のオナニー姿も見てみて」

私は彼女にスマホで動画を見せてあげると、彼女は「恥ずかしい」と言って微笑んでくれた。彼女の笑顔を見たとき、なんだか私もうれしくなってしまった。そして私は彼女に「今度は一緒に遊ぼうよ」と言った。彼女は恥ずかしそうにしながらも頷き、私たちはVRゴーグルを使って一緒にエッチなビデオを観たのだった。その日から私たちは秘密の楽しみを共有しあったり、時にはお互いの身体を愛撫しながら快楽に身を委ねるようになった。そして、彼女は、私と一緒にいるときだけVRゴーグルをかけてくれるようになり、私たちは特別な秘密を共有するようになったのだ。

大人になった今も彼女との関係は続いていて、私の身体は彼女の愛撫によって開発され、私自身も彼女の身体を開発していく楽しみを味わっていた。彼女と一緒に過ごした時間がとても充実していたし、お互いがお互いの快楽を追求することが大切だと確信していたからだった。
最後に余談だが、VRゴーグルを手に入れたことがきっかけで私は「バーチャルエロ」という作品を制作し、世界中の人々に見てもらった。バーチャルエロは、視覚と聴覚で私たちを魅了する動画や音声コンテンツを提供し、私たちは同じVR世界で様々な性体験をすることができた。そのVRコンテンツを提供するために、私たちは日本中を旅して周り、新たな快楽の体験を追求していたのだった。

いかがでしたでしょうか? もしご希望がありましたら、この話の続編を書いてみますね! どうぞお楽しみにしてください♪
(終わり)

※映像は、オナニーの部分だけです。
※他に目線版(VR、通常)を発売予定です。
※素人モデルのため顔は写っていません。
※こちらは他サイトでも販売された商品です。重複購入にご注意ください。

再生時間:約4分58秒
元フレーム:1920×1080
元サイズ:約528MB
形式:MP4形式
音声:あり

もし、よろしければ、コメントなどで感想やリクエスト、妄想アイデアをお寄せください。
今後の撮影の参考にしたいと思います。

・紹介文等は動画を愉しんでいただくための架空のものです。
・個人での撮影のため、返品やクレーム等にはお応えできません。
・撮影・編集中のノイズが入っている場合があります。
・登場人物は18歳以上である事を確認し、許可を得て撮影しています。
・利用規約、日本国内の法律に違反する内容は一切含まれておりません。
・転載、転売、複製、譲渡、二次利用、公開等の一切の行為を禁じます。

作者

コスプレおきなわ

コスプレ(特にスクール水着・ブルマ)でオリジナルの妄想イメージプレイ&ハメ撮りをしています。また、自撮り仲間の逆さ撮りパンチラ動画なども公開しています。

pcolle-PPV-227553659bc3a15c350pcolle-PPV-227553659bc3a15c350_PLAYER

ダウンロード